ゲリー・ウェバー・オープン2018

いよいよ芝のシーズンが始まります!今年も錦織選手はゲリー・ウェバー・オープンにエントリー。3年連続で棄権している大会なため、芝=怪我というイメージが強い人も多いのではないでしょうか。今年こそ、そのイメージを払拭してほしいですね。

ゲリー・ウェバー・オープン開催期間

本戦→ 6月18日~6月24日

開催地と時差

開催地→ ドイツ・ハレ  ゲリー・ウェバー・スタディオン

時差→  -7時間

ドロー発表

現地6月16日(土)13時~


錦織選手ダブルス出場‼

錦織選手がダブルスでマクラクラン勉選手と組んで出場することが発表されました。ダブルス世界ランク26位のマクラクラン選手は2017年に国籍をニュージーランドから日本に変更。めきめきと頭角をあらわしている日本男子ダブルス界のエースです。錦織選手と組むのは今回が初。どんな戦いを見せてくれるのか、楽しみですね。


ドローが発表されました‼

錦織選手はボトムハーフです。

1R予選勝者

2Rハチャノフ/ミーシャ・ズべレフ

QFバウティスタ・アグート/ハーセ

SFアレクサンダー・ズべレフ/ガスケ

Fフェデラー/ティエム

復帰大会でいきなり優勝のフェデラー、2週連続でハレにも出場です。このフェデラーと決勝まで当たらないのはラッキーです。クレーシーズンの好調をこのまま引きずっていってほしいですね。

また、ダブルスは1回戦で「グラノラーズ/ハーセ」ペアと対戦予定です。

*錦織選手の1回戦の相手が地元ドイツのバッヒンガーに決まりました!(6月18日)


1回戦結果

錦織圭  2 - 0  マティアス・バッヒンガー

第7シードの錦織選手が世界ランク159位のバッヒンガーを6-3、7-6(7-3)のストレートで下し、今季の芝初戦を白星で飾りました!試合時間は1時間23分。

クレーシーズンから好調を維持している錦織選手、このまま怪我無く芝シーズンを乗り切ってほしいですね。

同日に行われた世界ランク52位の杉田選手も同49位のマーテラーをフルセットで破り、2回戦進出を決めました。最近は錦織選手以外にも日本人の活躍が多く、嬉しい限りです。


ダブルス1回戦の結果

錦織・マクラクラン 0 - 2 ハーセ・グラノラーズ

1年ぶりのダブルス出場となった錦織選手、マクラクラン勉選手との初ペアでしたが、残念ながら3-6、6-7(7-3)で負けてしまいました。


2回戦結果

錦織圭  0 - 2  カレン・ハチャノフ

2回戦はロシアのハチャノフとの対戦でした。結果は2-6、2-6のストレート負け。試合後、敗因について問われた錦織選手は「今日は単純にあまりにも多くのアンフォースト・エラーを犯してしまった」と自らのミスを挙げていました。ハチャノフのすばらしいプレイもありましたが、ハチャノフのやりやすい状況を作ってしまったのも錦織選手だったのではないでしょうか。

そうは言ってもこのハレの大会、棄権せずに終われたのは好材料です。「身体的問題はない」と錦織選手も言い切っていました。来たるウィンブルドンに期待しましょう。

余談ですがこの大会、フェデラーの対抗馬である錦織、ティエムが2回戦で、ズべレフは1回戦で敗退してしまいました・・・またフェデラーが優勝するのか。。。と思ってしまうのは私だけでしょうか・・・


錦織-ハチャノフ戦と同日に行われた杉田-ティエム戦、なんと杉田選手の勝利です!!「信じられない。もちろん、テニス人生で最高の試合だった」と杉田選手。こうなったら決勝まで突き進んでもらいましょう!頑張れ杉田選手!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です