なるほど!七夕の由来

七夕(たなばた)って?

七夕は別名「笹の節供」「星祭り」とも言われ、江戸時代に五節供の1つに定められました。

【五節供】

人日(じんじつ) 1月7日 七草の節供

上巳(じょうし) 3月3日 桃の節供

端午(たんご)  5月5日 菖蒲の節供

七夕(たなばた) 7月7日 笹の節供

重陽(ちょうよう)9月9日 菊の節供

七夕というと思い出すのが織姫と彦星ですよね。ロマンチックなイメージのある七夕ですが、ひも解いてみるといろいろな文化が結びついていることがわかります。

 

●七夕のルーツ

織姫と彦星の逢瀬を祝い、中国で催されるようになったのが「乞巧奠」(きっこうでん)という行事です。「乞」は願う、「巧」は巧みに上達する、「奠」はまつるという意味で、織姫にあやかり機織りが上手くなりますように、また様々な習い事が上達しますようにと願いました。この「乞巧奠」が奈良時代の遣唐使によって日本に伝わったのが七夕です。

日本に伝わった「乞巧奠」は宮中行事として取り入れられるようになりました。詩歌や裁縫の上達を願って星に祈りをささげ、和歌をしたためてお祀りしていたそうです。

●なぜ「七夕」を「たなばた」と読む?

もともと日本には「棚機」(たなばた)という禊ぎ行事があり、乙女が着物を織って棚に供え、神に豊作を祈ったり人々のけがれをはらったりしていました。この時に使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機です。仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日に行われるようになりました。「七夕」という2文字で「たなばた」と読むのもここから来ているといわれています。

●庶民の行事へ

江戸時代になり七夕が五節供の一つとなると、しだいに庶民の間にも広まり、全国的に行われるようになりました。お供え物をし、詩歌や習い事の上達を願いました。そして五つの色の短冊に願いを書いて笹竹につるし、星に祈るお祭りへと変わっていったのです。

笹や竹はまっすぐ育つことから、その生命力に神秘的なパワーがあるとされてきました。そのため笹や竹にあやかり、子供の健やかな成長を願う親が多かったと言われています。


このように七夕は

・日本の神事である「棚機」(たなばた)

・織姫と彦星の伝説

・奈良時代に中国から伝わった「乞巧奠」(きこうでん)

これらが合わさって現在のようになったと言われているのです。