なるほど!土用の丑の日

夏になるとスーパーや魚屋さんでは「土用の丑の日!」と題してたくさんのウナギが並びます。2020年夏の土用の丑の日は7月21日です。

そもそも土用の丑の日って何?なんでウナギをたべるの?

そんな風に思っている人は多いのではないでしょうか?そこで、ちょっと調べてみました。

・土用の丑の日って?

まず「土用」とは何かというと、立夏、立秋、立冬、立春直前の約18日間の間を言います。土用の丑の日とは土用の間のうち十二支がの日のことをさします。土用は毎年変わるため、土用の丑の日も毎年変わります。

ちなみに2020年の土用の丑の日は1月23日4月16日4月28日7月21日8月2日、10月25日、11月6日です。

・なぜウナギを食べるの?

暑い夏を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるという習慣は万葉集にも詠まれていますが、土用の丑の日に食べるようになったのは安永・天明のころ(1722年-1788年)のようです。一説によれば「夏に売り上げが落ちる」とウナギ屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が店先に、

「本日丑の日」

土用の丑の日うなぎの日

食すれば夏負けすることなし

という看板を立てたら大繁盛したため、他のウナギ屋も真似するようになったとか。この平賀源内の立てた看板は日本初のコピーライティングとも言われています。

土用の丑の日は季節の変わり目にあたる為体調を崩しやすいので、ウナギを食べて栄養をたっぷりとろうとしたのですね。

また、一説には丑の日に「う」の字がつく食べ物を食べると夏負けしないという風習があったとされ、瓜、梅干し、うどん、うさぎ、馬肉、牛肉などを食する習慣もあったようです。しかし今では殆ど見られません。

・その他の土用の丑の日の風習

・平安時代から室町時代にかけて、疫病除けに「めぐり」と呼ばれる杉原紙を混ぜ込んだすいとんを食べたり、小豆やニンニクを飲む習慣があった。

・寺院で素焼きの皿に灸を置いたものを頭に据える修法があり、頭痛などに験があるとされている。

・きゅうり加持→水分豊富なきゅうりにあやかり、暑い夏を乗り切るため祈祷儀式を行うもの。これは空海も執り行った儀式である。

・まとめ

これから暑い夏がやってきます。年々暑さが増し酷暑と言われていますが、鰻を食べてなんとか乗り切りたいですね。水分補給や日傘、帽子も忘れずに!