15年ぶり!!火星大接近!

火星は地球の1つ外側を公転している惑星です。夜空に赤く光っているのがそうですね。この火星はおよそ2年2カ月ごとに地球に接近しているようなのですが、2018年7月31日に15年ぶりの大接近があるらしいです。

このときの地球との距離は5759万キロメートル!普通に考えるととても近いとは言えない距離ですが、宇宙的に考えるととても近いのでしょうね。2003年にも5576万キロメートルまで接近し、話題になりました。

そういえば先日、欧州宇宙機構(ESA)の火星探査機「マーズ・エクスプレス」が火星に水の存在する証拠を見つけたと発表がありました。火星の極冠の下に幅20キロの湖があるとみられるそうです。火星に水の存在が確認されれば、そこに生命が存在する可能性も出てきて、ますます興味をかきたてられますね!

この時期の(6月下旬から9月上旬)火星の明るさはマイナス2等を超え、観察しやすいそうです。7月下旬からは宵のうちに見やすい高さになり観察の絶好機!ぜひとも夜空を見上げて火星を見つけてみてはいかがですか。

*31日午後4時50分頃、最も地球に接近するようです!今日は天気も良いので見られそうですね。(7月31日)