なるほど!【築地魚河岸】ー築地魚河岸って知っていますか?ー

みなさん、「築地魚河岸」って知っていますか?「市場?」「場外市場?」なんていう声が聞こえてきそうですね。

そこで、「築地魚河岸」について調べてみました。

2016年11月19日、築地市場の移転に先駆けてオープン(プレオープン)したのが【築地魚河岸】です。築地市場移転後も築地の活気をこの地に残そうということで出来ました。仲卸を経営母体とした小売店が、約60店舗入っています。

当初は築地市場が豊洲市場に移転と共にオープンの予定でしたが、ご存知のように豊洲移転問題が起きてしまったため、プレオープンという形で営業が始まりました。

冷房完備で夏でも快適にお買い物ができてしまうのです!そして私が気に入ったのは、トイレがきれいということ。築地市場近辺は古い建物が多く、市場内の公衆トイレは目が点・・・になるほど(笑)  本当にありがたいかぎりです。

 


場所

・都営大江戸線「築地市場駅」A1出口より徒歩1分

・東京メトロ日比谷線「築地駅」1番、2番出口より徒歩1分

・東京メトロ日比谷線、都営浅草線「東銀座駅」5番、6番出口より5分

場外市場の中にあります。建物は2棟に分かれていて、「小田原橋棟」と「海幸橋棟」からなります。「小田原橋棟」は晴海通りに面していて、「海幸橋棟」は波除神社の向かい、築地市場のすぐ隣にあります。「小田原橋棟」を晴海通り側から通り抜け、道路をはさんで向かいにあるのが「海幸橋棟」です。2つの建物は上の階の連絡通路で結ばれています。

営業日

原則として、築地市場(東京都中央卸売市場)の開市日、休市日に準じています。

営業時間

開館時間→午前5時~午後3時(5時~9時はプロの買出人の仕入れ優先)

小田原橋棟3階 魚河岸食堂→午前7時~午後10時まで

館内をご紹介!

1階は水産物、青果物の市場になります。新鮮な魚介類、マグロ、タコ、冷凍魚、魚卵、干物、野菜や果物等々、食材の宝庫!調理されたものや、休憩スペースですぐに食べられるようになっているものも多数あります。(売り場での食べ歩きは不可なので、気を付けてください!)

←休憩スペース

また、小田原橋棟3階には、誰でも利用できる「魚河岸食堂」があります。中華、揚げ物、喫茶、海鮮、カレーの5つのコーナーからなるフードコート形式です。

魚河岸食堂では歴史ある築地市場の店舗の味を気軽に楽しむことが出来ます。私が最初に行った時には、海鮮のお店で「海鮮丼」をいただきましたお刺身も新鮮で、とても美味しかったです。お味噌汁がついているのも嬉しかったですね。(ただし、週末は混むので、並ぶかもです。)2回目に行ったときはカレーをテイクアウトでいただきました。昔ながらの味付けがGOODです。創業明治40年、築地で肉専門卸の直営店だそうです。

ぜひ皆さんも足をはこんでみてはいかがですか?

豊洲市場移転について

土壌汚染対策追加工事の結果、都の専門家会議が安全性を確認したことを受け、先日、都知事が安全宣言を出しました。移転延期から約2年、2018年10月11日に豊洲市場は開場予定です。

築地市場は豊洲へと移転してしまいますが、築地場外市場および築地魚河岸はそのまま築地に残るそうです。古き良き築地の風情がこのまま残ってくれるのは嬉しい限りです。いつまでも残したい、日本の風景ですね。