『上高地』行ってきました!

お盆休みを利用して「上高地」に行ってきました!

上高地は長野県中西部、北アルプスの南部に位置し、穂高連峰や焼岳といった日本百名山をはじめ数々の名峰を望むことが出来ます。観光の中心となっているのは、標高1500M、梓川に架かる河童橋の周辺です。

ゲートタウンからのアクセス

松本IC →国道158号で33キロ→ 沢渡の駐車場(600円/1日)→ シャトルバスで30分(片道1250円)→中の湯→大正池→帝国ホテル前→上高地バスターミナル
高山IC →国道41・158号で41キロ→平湯温泉あかんだな駐車場(600円/1日) →シャトルバスで35分(片道1160円) →中の湯→大正池→帝国ホテル前→上高地バスターミナル

 

上高地・乗鞍マイカー規制

上高地と乗鞍山頂では自然保護のため、道路開通期間中の一般車両の乗り入れを禁止しています。いずれも周辺エリアに設けられている駐車場に車を停め、シャトルバスなどでアクセスすることになります。

大正池~河童橋

↑大正池と焼岳

私はと言うと、松本ICから沢渡駐車場→シャトルバスというコースで行ってまいりました。沢渡の駐車場に着いたのが朝の8:30頃、駐車場はまだ余裕がありすぐに入ることが出来ました。(とは言ってもけっこう埋まっていましたが・・・)シャトルバスのチケットを買い9:00にバスに乗車。わりときれいで大きな観光バスでした。走ること33分、『大正池』でバスを降り上高地の河童橋まで散策することにしました。散策したくない場合は、一度下車しても再度後から来たバスに乗って上高地バスターミナルまで行くことが出来るので、とても便利です。

↑大正池

大正4年の焼岳の大噴火により泥流が梓川をせき止め、一夜にして生まれたのがこの大正池です。たたずむ枯れ木が幻想的な情景を醸し出しています。この池ではボートに乗ることも出来ます。

ちなみに、大正池から河童橋までは徒歩で約1時間くらいでした。途中他の池などに寄るともう少しかかるかもしれません。運動不足の私としてはとても良い運動になりました。そして、途中の景色は素晴らしかったです。ヨーロッパにでも来たかのような錯覚におちいります。

DCF 1.0

AM11:42、河童橋に到着。お盆ということもあり、けっこうな人出でした。河童橋周辺にはお土産屋さん、レストラン、お蕎麦屋さん、お弁当を売っている店などがあります。私たちは昼食におそばをいただきました。

帰りは上高地バスターミナルからシャトルバスに乗りました。この時期は一年の中でも一番混んでいる時期なため、バスに乗るのに1時間弱くらい並びました。混んでいる時期に行く場合には、帰りのバスの並び時間も考慮に入れておいたほうがよいですね。

ともあれ天気にも恵まれ(多少雲はありましたが)、素晴らしい景色に癒された一日となりました。