なるほど!『十五夜』

『十五夜』というと思い浮かぶのがお月見の団子ですよね。でも「十五夜っていったい何?」って思ったことはありませんか?そこでちょっと調べてみました。

十五夜とは

十五夜とは満月にあたる旧暦の毎月15日の夜のことなんだそうです。月の満ち欠けは15日周期で新月から満月へ、そしてまた新月へと繰り返されているため、旧暦の毎月15日の満月の夜を十五夜と呼ぶのだそうです。

ではなぜ9月にだけお月見をしているのでしょうか?

旧暦では7月~9月が秋とされており、その真ん中の日が旧暦の8月15日になるため、この日を「中秋」と呼ぶようになりました。そしてこの日に見える月を「中秋の名月」と言うようになったのです。月がとても美しく見え、お月見をするのに適している日なのだそうです。

現在使われている新暦は1カ月ほどのズレがあるため、9月7日から10月8日の間にくる満月の夜を「十五夜・中秋の名月」と呼んでいます。

十五夜という風習は中国では唐の時代から行われていて、そこから日本に伝わってきました。平安時代には美しい月を愛でるという文化として広まっていきました。

2020年の十五夜はいつ?

2020年の十五夜(中秋の名月)は10月1日となっています。

以降は、

2021年・・・9月21日

2022年・・・9月10日

2023年・・・9月29日

となります。

お供え物

十五夜の夜にはススキお月見団子などが供えられます。お供え物にはそれぞれ意味があるようです。

ススキ ススキは月の神様をお招きする「依り代(よりしろ)」として供えられるようです。本来は稲穂が主流のようですが、この時期に稲穂がそろわなかったため形の似ているススキが使われるようになったとか。

また、ススキには魔よけの効果があるとされ、お月見の後にお供えしていたススキを軒先につるすことで、1年を健康に過ごせると信じられていました。

お月見団子 真っ先に思い浮かぶのがこのお月見団子ではないでしょうか。もともとは収穫されたイモ類や豆類がお供えされていたようですが、江戸時代後期から五穀豊穣の感謝をこめて、お米で作ったお団子もお供えされるようになりました。保存面や形が満月っぽいことからだんだん定着していったようです。

お供えした後に健康と幸せを願って食べます。

農作物 里芋、栗、枝豆など収穫された農作物を供え、豊作に感謝しました。中でも里芋を供えるのは一般的で、「中秋の名月」は「芋名月」とも言われています。

風習

「お月見泥棒」・・・お月見の時だけはお供え物を勝手に取ってもよいというもの。長崎県の一部では「まんだかな」という子供がお供え物を自由に取っていく風習があります。また、秋田県では「片足御免」という他人の家に片足を踏み込んでお供えを取るくらいは許される、という風習があります。どちらも「お月様が食べた」とされ、縁起がいいとか。

最後に

十五夜のことが少し分かった気がします。昔の人は本当にロマンティックですね。今年の十五夜は晴れるでしょうか。。。

お団子とススキをお供えして、ベランダから月を眺めてみるのも風流で良いかもしれません。