なるほど!ハロウィン(Halloween)

10月のイベントと言えばハロウィンですよね。みんなで仮装したり、かぼちゃのランタンを飾ったり、お菓子をもらったり・・・・でもよく考えてみたらハロウィンっていったい何のお祭りなの?って思ったことありませんか?

そこでちょっと調べてみました。

ハロウィンとは

ハロウィンは、毎年10月31日に行われる古代ケルト人が起源とされているお祭りです。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教的な意味合いのある行事で、11月1日のカトリックの聖人の日である万聖節の前の晩に行われます。

現代では、特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、本来の宗教的意味合いはほとんど無くなっています。

ハロウィンではなぜ仮装をする?

古代ケルト歴では1年の終わりは10月31日でした。その1年の最後の日の夜には先祖の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。

日本のお盆と似ていますね。

しかし、その先祖の霊と一緒に悪霊や魔女もついてきて、災いを起こすとされていたのです。悪霊は子供をさらったり作物や家畜に害を与え、人々に悪さをすると考えられていました。

そこで人々は、悪霊たちを追い払うため魔よけの焚き木を焚き、魔物の仮面をかぶったのです。

ではなぜ魔物の仮面をかぶったのでしょうか?

一説によると、

*同じ悪霊だと思わせ、子供がさらわれるのを防ぎ、作物や家畜の被害からも逃れるため

*この世の人間の怖いところを見せ、退散させるため

ということらしいです。つまり、自ら魔物の格好をすることで悪霊たちから身を守ったのですね。

こういったことが習慣化して、ハロウィンに仮装をするようになったと思われます。一つ一つにちゃんとした意味があったのですね。

なぜカボチャを飾るの?

顔の形にくり抜いたカボチャの名は「ジャック・オー・ランタン」。アイルランドおよびスコットランドに伝わる鬼火のような存在です。「ランタン持ちの男」を意味します。

これには言い伝えがあります。

生前に堕落した人生を送ったまま死んだ者の魂が死後の世界への立ち入りを拒否され、悪魔からもらった石炭を火種にし、萎びて転がっていたカブをくりぬき、それを入れたランタンを片手に持って彷徨っている姿だとされている(→ウィル・オー・ザ・ウィスプ)。

また、悪賢い遊び人が悪魔を騙し、死んでも地獄に落ちないという契約を取り付けたが、死後、生前の行いの悪さから天国へいくことを拒否され悪魔との契約により地獄に行くこともできず、カブに憑依し安住の地を求めこの世を彷徨い続けている姿だともされている。

旅人を迷わせずに道案内をすることもあるという。

ジャック・オー・ランタン – Wikipediaより

もともとは「カブ」だったんですね。この話がアメリカに伝わり、当時生産量の多かったカボチャがランタンに使われるようになったのです。

スコットランドでは今でもカブが使われているそうです。

玄関にジャック・オー・ランタンを置くのは、悪霊などを驚かせて追い返すためとも言われ、出来るだけ怖い顔や変な顔に作ると効果的とか。

Trick  or  Treat(トリック・オア・トリート)って?

ハロウィンでよく聞くのが「Trick  or  Treat!!」ですよね。これはいったい何かと言うと・・・

Trick・・・いたずら

Treat・・・もてなす

というような意味があるようです。

ハロウィンの夜に悪霊が家に来てしまったら、そこでは運命の選択がまっています。

悪霊をもてなす→何も悪さをせずあの世に帰る

悪霊をもてなさない→想像を絶する恐怖が待っている

とまあ、こういうことのようです。この悪霊の役を子供たちがやっていたのですね。「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!」となったわけです。

2019年のハロウィンイベント

今年も各地でハロウィンのイベントがありそうです。

ぜひ仮装して出かけてみてはいかがですか?

イベント 場所 期間
MINATOMIRAI  SMILE  SMILE  HALLOWEEN 横浜みなとみらい 10/1~10/31
ハロウィン東京タワー2019~東京上空なりきりハロウィン~ 東京タワー 10/4~10/31
ディズニー・ハロウィン 千葉・ディズニーランド&シー 9/10~10/31
ヒカリノエノスイ~ハロウィンまつり~ 新江ノ島水族館 10/1~10/31

まとめ

何も考えず季節のイベントとして楽しんでいたハロウィンですが、こうして調べてみると様々な意味があったのだということが分かりました。ますますハロウィンへの関心が高まりますね。