楽天ジャパンオープンテニスチャンピオンシップス2018

今年も楽天ジャパンオープンの季節となりました。年に1度の自国開催のツアー大会です。日本勢に期待したいですね。

今年は有明コロシアムがオリンピック開催に伴う改修工事で使用できないため、会場を武蔵野の森総合スポーツプラザに移しての開催となります。

開催期間

10月1日~10月7日

開催場所と時差

開催場所→ 東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ

時差  → なし

ドロー

ドローが発表されました。(9月29日)

錦織選手は第3シードでの出場となります。

順当にいくと、

1回戦  杉田 祐一

2回戦  ニコラス・ジャリー OR ブノア・ペール

準々決勝 ステファノス・チチパス

準決勝  ケビン・アンダーソン

決勝   マリン・チリッチ

となります。

なんと1回戦で杉田選手との日本人対決が実現しました!これは楽しみですね。そして、2回戦はランキングで見るとジャリーが来ると思われますが、ペールが来る可能性も大いにあります。錦織選手はペールにはいつも苦戦しているので、何とか乗り切ってほしいです。

準々決勝、準決勝、決勝と厳しい相手が続きますが、チリッチ、ワウリンカ、ラオニッチとは決勝まで当たらない山になったのはラッキーです。2年ぶりのジャパンオープン、錦織選手らしいプレーを期待しましょう。

*その他、ダニエル太郎選手がチチパス、西岡良仁選手がキリオスと1回戦での対戦が決まりました。

獲得ポイントと過去の成績

獲得ポイント 獲得ポイント
優勝 500 準々決勝 90
準優勝 300 2回戦 45
準決勝 180 1回戦
錦織選手過去の成績
2017年 不出場
2016年 2回戦(45ポイント)
2015年 ベスト4(180ポイント)
2014年 優勝(500ポイント)
2013年 ベスト8(90ポイント)
2012年 優勝(500ポイント)
2011年 1回戦(0ポイント)
2010年 1回戦(0ポイント)
2009年 不出場

1回戦予定

10月1日

錦織圭 VS 杉田祐一 14:40開始予定 アリーナ1
綿貫陽介 VS R・ハーセ 13:20開始予定 アリーナ2

10月2日

ダニエル太郎 VS S・チチパス 16:25開始予定 アリーナ1

10月3日

西岡良仁 VS N・キリオス 12:00開始予定 アリーナ1
B・マクラクラン/J・ストルフ VS J・ペラルタ/H・セバジョス 13:20開始予定 アリーナ2
西岡良仁/上杉海斗 VS J・ソールズべリー/内山靖崇 16:00開始予定 アリーナ2

1回戦結果

 綿貫陽介 -1 R・ハーセ
 錦織圭  -0 杉田祐一

綿貫選手、ATPツアー初勝利です!世界ランク273位の綿貫選手が同44位のハーセに6-7、6-4、6-1のフルセットで勝ち星を挙げました。「僕のほうが勝ちたい気持ちが強かった」と綿貫選手。これからが楽しみです。

次戦はカナダのラオニッチです。これまで対戦したことがないくらいの強豪と当たります。綿貫選手がどこまで通用するのか、見ものですね。

そして錦織選手は同胞の杉田選手との対戦でした。日本での日本人同士の対決とあって、お互い少しやりにくかったのではないでしょうか。

6-4、6-1で錦織選手が勝利しましたが、「相手が杉田選手で、久々に緊張感があった。」と言っていただけに、第1セット序盤はかなり固くなっているようでした。ラリーが続かず、リズムがつかめない、動きがかたい、そんな状態でした。しかし第5ゲームのブレークをきっかけに徐々に緊張も解けてきたようで、その後は錦織劇場開幕。引き出しの多さを見せつけ、圧倒しました。

この二人、17年前のジュニア時代に1度対戦しているそうで、その時は錦織選手があっけなく勝ったとか。もちろん錦織選手は覚えていないみたいですが(笑)

杉田選手は初戦敗退ということになってしまいましたが、そのぶんも錦織選手に頑張ってもらいましょう。次戦は天敵、フランスのペールです。対戦成績では勝ち越してはいますが、毎回接戦になるイメージです。なんとか頑張ってもらいたいですね。

ダニエル太郎 0- S・チチパス

2日、ダニエル太郎選手の1回戦が行われ、1-6、3-6のストレートで負けてしまいました。

西岡良仁 0- N・キリオス
B・マクラクラン/J・ストルフ -0 J・ペラルタ/H・セバジョス
西岡良仁/上杉海斗 0- 内山靖崇/J・サリスベリ

3日、西岡選手の1回戦が行われ、5-7、6-7のストレートで惜しくも敗戦です。深センオープンでツアー初優勝をして乗り込んできた西岡選手でしたが、疲れもありキリオスに惜しくも負けてしまいました。しっかり休養を取ってまた頑張ってもらいたいですね。

また、同日にダブルスも行われ、マクラクラン/ストルフ組が2-0のストレート勝利、内山/サリスベリ組も2-0でストレート勝利をかざりました。


フェデラー来日!!

楽天ジャパンオープンとは関係ないのですが、ニュースです。ロジャー・フェデラーが来日しているようで、ユニクロのイベントに登場し、来年2019年に社会貢献活動の一環として、ユニクロと協力して日本でエキシビションマッチを行う計画があることを発表しました。

これは嬉しいです!!日本でロジャーのプレーが見られるのです!どうしたらチケット取れるだろうと今からそわそわしてしまいます(笑)

ぜひ実現してほしいですね。(10月2日)


2回戦予定

10月3日

錦織圭 VS B・ペール 14:40開始予定 アリーナ1
綿貫陽介 VS M・ラオニッチ 16:00開始予定 アリーナ1

2回戦結果

錦織圭 -0 B・ペール
綿貫陽介 0- M・ラオニッチ

3日、錦織選手の2回戦が行われ、6-3、7-5のストレートで勝利し、ベスト8進出を決めました!出だしからゾーンに入ったかのような絶好調ぶりでペールを圧倒し第1セットを先取。第2セットはペールの反撃にあいましたが、我慢強いテニスで5ゲームを連取、準々決勝へと駒を進めました。

「危ない場面もあったが、集中力を保つことが出来た。さらにギアを上げていきたい」と錦織選手。

次戦は4日に行われるチチパス(ギリシャ)とデミノール(オーストラリア)の勝者とです。どちらが来ても今年ブレークしたイケイケの若者です。中堅からベテランとなりつつある錦織選手がどう対処していくのか、楽しみなカードとなりそうです。

また、同日に行われた綿貫選手の2回戦は3-6、7-6のストレートで敗戦となりました。敗戦はしましたが、予選を勝ち抜いて本戦出場を果たし1回戦を突破、これはかなりの成果ではないでしょうか。これからツアーで綿貫選手を見られる機会が増えそうですね。

準々決勝予定

10月4日

B・マクラクラン/J・ストルフ VS M・エブデン/チョンヒョン 15:20開始予定 アリーナ2
内山靖崇/J・サリスベリ VS J・マリー/B・ソアレス 17:35開始予定 アリーナ1

10月5日

錦織圭 VS S・チチパス 18:00開始予定 アリーナ1

準々決勝結果

10月4日

B・マクラクラン/J・ストルフ -0 M・エブデン/チョンヒョン

B・マクラクラン/J・ストルフ組が危なげなく勝利し、準決勝進出を決めました!

内山靖崇/J・サリスベリ -1 J・マリー/B・ソアレス

内山/サリスベリ組が第2シードのマリー/ソアレス組を下し、準決勝進出を決めました!

ダブルスは準決勝に日本人が2組も進出しました。これはますます楽しみですね。

10月5日

錦織圭 -0 チチパス

次世代の1位候補との一戦ということで注目された試合となりましたが、6-3、6-3のストレートで錦織選手が勝ち、ベスト4に進出しました!!

試合前のアナウンスでチチパスの生年月日を知り、「最近じゃん!」と思っていたという錦織選手。自分が18歳だったころのことを思い出したようです。

試合は錦織選手が主導権を握る展開で、20歳のチチパスを相手にまったく隙を見せずに圧倒しました。チチパスは試合後の会見で「(2回戦で対戦した)デミノーも速いと思っていたけど、(ケイは)全く違うレベルだった。」と驚き、「コートカバーリングはナダルと比較してもいいくらいだ」「ランニングショットもただ返すだけではなく、相手にプレッシャーをかけるショットを打ってくる」と終始脱帽だったようです。

さあ、いよいよ次は準決勝、相手はフランスのガスケ、第2シードのアンダーソンを倒しての勝ち上がりです。錦織選手、このまま突き進んでほしいですね。

https://twitter.com/ATPWorldTour/status/1048157403139719168

準決勝予定

錦織圭 VS R・ガスケ 6日16:00開始予定 アリーナ1
B・マクラクラン/J・ストルフ VS R・ハーセ/M・ミドルクープ 5日18:15開始予定 アリーナ2
内山靖崇/J・サリスベリ VS M・ヴィーナス/R・クラッセン 6日17:20開始予定 アリーナ1

準決勝結果

5日

B・マクラクラン/J・ストルフ -0 R・ハーセ/M・ミドルクープ

マクラクラン選手、2年連続の決勝進出を決めました!

6日

錦織圭 -0 R・ガスケ
内山靖崇/J・サリスベリ 1- M・ヴィーナス/R・クラッセン

6日、シングルス準決勝が行われ、第3シードの錦織選手が7-6、6-1のストレートで第8シードのガスケに勝利し、決勝に進出しました!!!

この日、錦織選手は完璧に近いプレーを披露。また、ガスケも絶好調で第1セットはタイブレークに。絶好調同士で、超ハイレベルな戦いとなりました。しかし、ここまで絶好調でゾーン状態の錦織選手に勝てる選手はいません。タイブレークを取られると、第2セットも好調を維持している錦織選手にガスケの気力もダウン、そのまま錦織選手が圧倒しました。

錦織選手、本当に強いです!4年ぶりの楽天オープンでの優勝まであと1つ、トロフィーを掲げる錦織選手が見られるといいですね。

決勝の相手は予選から勝ち上がってきたロシアのメドベージェフです。またまた今イケイケのネクストジェネレーションですね。明日の決勝戦が楽しみです。

*ちなみに私、今日が誕生日で・・最高の勝利をプレゼントしてもらいました(嬉)

また、錦織選手の後に同じコートで内山/サリスベリペアの準決勝が行われ、セットカウント1-2で惜しくも負けてしまいました。勝てば決勝での日本人対決が実現だったのですが残念でしたね。

決勝戦予定

錦織圭 VS D・メドベージェフ 15:30開始予定 アリーナ1
B・マクラクラン/J・ストルフ VS M・ヴィーナス/R・クラッセン 13:00開始予定 アリーナ1

決勝戦結果

錦織圭 0- D・メドベージェフ
B・マクラクラン/J・ストルフ -0 M・ヴィーナス/R・クラッセン

錦織選手、残念ながら負けてしまいました。前日までの好調ぶりが嘘のようにミスを連発、また、メドベージェフの素晴らしいプレーもあり完敗です。(泣)

それでも2年ぶりの楽天オープンで準優勝は素晴らしいです。怪我から復帰してシーズン初めは試合に出ていなかったにもかかわらず、レースランキングも10位につけている、これはすごいことです。錦織選手はもう前を向いています。私たちもめげずに前をむいていきましょう!!

また、同日に行われたダブルス決勝ではマクラクラン/ストルフ組がみごとに勝ちきり、優勝しました!マクラクラン選手は2年連続の楽天オープン優勝です。すごいですね!!決勝の日は私も現地へ行っていたのですが、とても良い試合でした。松岡修造さんが「ストルフはもう日本人です!」と言っていましたが、本当にその通りで、会場のみんなが、マクラクラン選手はもちろんですがストルフ選手を日本人選手かのように応援していました。とても良い雰囲気でした。

さあ、優勝に浸ったり、落ち込んだりしている暇はありません!もう次の大会「上海ロレックスマスターズ」が始まっています。先ほど(10月8日午後)錦織選手も上海に到着したようです。(本当にハードスケジュールですよね)

怪我無く今シーズンを全うしてほしいですね。