なるほど!『立冬』

立冬とは二十四節季の第19番目で、暦の上で冬の始まりを意味します。二十四節気とは中国から伝わり、江戸時代ころから広く使われるようになった季節の移り変わりを知るためのもので、1年を二十四の季節に分けて使われました。

現在でもその名残で季節を表すものとして使われています。

2020年の立冬は11月7日です
2020年の立冬の期間は11月7日から11月22日までです。

立冬は毎年変わりますが、例年11月7日頃から始まり、次の二十四節気「小雪」の前日まで続きます。

立冬とは

前述の通り、立冬とは冬の始まりを意味します。でも日本では秋の気配を感じる季節、紅葉が美しくなってくる頃です。中国で考えられたものなので、若干季節に差があるのです。

それでも立冬を過ぎると霜が降り始めたり木枯らし1号が吹いたりと、冬の様相を呈してきます。冬支度を行うにもちょうど良い時期ですね。

また、暦上では立冬から立春の前日までがとされています。

この時期に手紙などを書くときは、初めに『立冬の候』なんて書くとちょっと知的ですね(笑)

四立(しりゅう)とは

二十四節気の中でも季節の節目を表す日が4つあります。

立春・・・春の始まり

立夏・・・夏の始まり

立秋・・・秋の始まり

立冬・・・冬の始まり

それぞれの立の字をとって四立(しりゅう)と呼ばれています。立冬はこの四立のうちの一つです。四立のころからそれぞれの季節の準備をするとよいとされていますが、現代の暦では季節とずれがあるため、いささか早いですね。

立冬の三候

二十四節気をさらに72の季節に分けた七十二候の中で、立冬は次の三候からなっています。

初候 11月7日~11月11日頃 【山茶始開】(つばきはじめてひらく)

山茶花(さざんか)が咲き始める頃。椿と混同されがちですが、先駆けて咲くのは山茶花だそうです。

次候 11月12日~11月16日頃 【地始凍】(ち はじめて こおる)

大地が凍り始める頃。

末候 11月17日~11月21日ころ 【金盞花】(きんせんかさく)

水仙(すいせん)の花が咲く頃。「金盞」は金の盃のこと。水仙の黄色い冠を見立てているようです。

記念日

なんと、立冬の日を記念日にしているところがあるようです。

1985年全国米菓工業組合が立冬を『あられ・おせんべいの日』と制定
2016年森永製菓が立冬を『ココアの日』と制定
「丸亀製麺」を展開する株式会社トリドールが立冬を『夜なきうどんの日』と制定

どれも、「寒い冬はおうちで温かいものをとって、こたつでおせんべいでも食べて一家団らんで過ごしてくださいね」という意味合いがあるようです。

最後に

朝晩と昼の寒暖差が大きい季節です。体調を崩しやすい時期でもありますね。健康には十分気をつけたいと思います。

また、火を使い始める時期でもあります。火の取り扱いにも気をつけたいですね。

寒さに負けず、元気に過ごしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です