なるほど!!『ひな祭り』

「明かりをつけましょぼんぼりに~♪ お花をあげましょ桃の花~♪」もうすぐひな祭りですね。ひな祭りのこと、いろいろ調べてみました。

ひな祭りとは

ひな祭りは女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事です。桃の節句とも言われます。江戸時代までは太陰太陽暦の3月3日(現在の4月頃)に行われていましたが、明治の改暦以降はグレゴリオ暦の3月3日に行うことが一般的となりました。

ひな祭りの歴史

ひな祭りはいつ頃から始まったのか、定かではありません。平安時代の京都で平安貴族の子女の雛びな「遊びごと」として行われていたという記録があります。初めは儀式ではなく遊びであり、今でもひな祭りは「ひなあそび」と呼ばれたりもします。また平安時代には紙で作った人形を川に流す「流し雛」というものがありました。そこで「上巳の節句」として雛人形は災厄除けの守り雛として祀られるようになったようです。

江戸時代になり、女子の人形遊び節句の儀式が合わさって全国に広まり、雛人形が飾られるようになりました。3月の節句にひな祭りが行われるようになったのは安土桃山時代以降だと推測されています。

なぜ雛人形や桃の花を飾る?

なぜ雛人形を飾るかと言うと、流し雛と同様にお雛様に女の子の厄災を引き受けてもらうためなのです。また厄払いの意味があるので一夜限りは避けるべきと言われ、遅くとも2月の中旬くらいまでには飾らないといけないとされています。

また桃の花には「魔よけ」や「長寿」のパワーがあるとされていました。中国では上巳の節句に桃の花を愛で、桃の花を漬けたお酒を飲み、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気を払っていたそうです。また旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲く頃だったことから、ひな祭りに桃の花が飾られるようになったのです。

節句とは

節句とは暦の上で節目となる日で、年間で5回あります。

1月7日(人日の節句)、3月3日(上巳の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽の節句または菊の節句)です。

これを五節句と言います。節句は縁起が良くお祝い事に適している日だと考えられています。

ひな祭りの食べ物

ひな祭りと言うと思い浮かぶのは、ちらし寿司、ハマグリのお吸い物、雛あられ・・・でもこれってなぜ食べるのでしょうか?

ちらし寿司

平安時代より桃の節句には現在のお寿司の起源ともされる「なれ寿司」に、エビや菜の花をのせて彩りよく食べていたそうです。それが現代に受け継がれ、さらに豪華にいろいろのせるようになり、今のちらし寿司になったとか。ちらし寿司にのっている具材にも意味があり、エビは「腰が曲がるまで長生きできますように」、レンコンは「先が見通せるように」などだそうです。

ハマグリのお吸い物

ハマグリは最初に対になっていたものでないと、絶対に合わないと言われています。このことから、平安時代には「貝合わせ」という遊びがあったほどです。またその様子から、一生涯一人の相手と添い遂げる理想の夫婦像の象徴と捉えられていました。そのことから、ひな祭りにハマグリのお吸い物を飲むのは「将来は素敵な男性と出会って、良い結婚、良い夫婦になれますように」という願いが込められているのです。

ひなあられ

ひなあられはもともと「雛の国見せ」という風習から来ているとされています。雛の国見せとは、貴族の娘たちが雛人形を川辺や野原に持ち出し春の景色を見せてやるというもので、その際に食べるものとしてひなあられはうまれたそうです。

まとめ

ひなまつりのこと、少し分かった気がしますね。お雛様が昔は川に流されていたり、ハマグリのお吸い物の意味だったり、へぇ~ということがたくさんでした。いろいろな意味を知って、また一味違ったひなまつりが迎えられそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です