錦織圭出場予定! ウィンブルドン(全英オープン)2019 ドロー・試合結果

さあ、いよいよウィンブルドンです!言わずと知れたテニスの聖地!テニスをする人なら誰でも夢見る場所です。

ウィンブルドンは1877年から始まった世界最古の大会で、他のグランドスラムの大会とは違い数々の独自のルールがあります。原則、毎年6月の最終月曜日から始まり2週間の日程で行われます。ウェアーは白に定められていて、下着、靴の裏までも白でなくてはいけません。

センターコートに続き、今年は第1コートにも屋根が取り付けられました。また、最終セットでタイブレークが無いのも特徴でしたが、今年からは12-12になった場合にタイブレークが導入されることになりました。選手の負担が軽減されますね。時間短縮にもつながると思います。

今年はどんなドラマが待っているのでしょう。

開催場所

イギリス・ロンドン オールイングランド ローン アンド クロケットクラブ

開催期間と時差

開催期間  7月1日 ~ 7月14日

時差    -8時間

ドロー

ドローが発表されました!

錦織選手は第8シードでの出場となります。

順当にいくと、

1回戦  チアゴ・モンテイロ

2回戦  デニス・イストミン OR キャメロン・ノーリー

3回戦  アレックス・デミノール

4回戦  ジョン・イズナー

準々決勝 ロジャー・フェデラー

準決勝  ラファ・ナダル OR ドミニク・ティーム

決勝   ノバク・ジョコビッチ OR ケビン・アンダーソン

と、なります。錦織選手、フェデラーの山に入りました。芝の帝王ロジャー・フェデラー、生ける伝説ロジャー・フェデラー、対戦が楽しみです。今度こそ体力温存で頑張ってほしいですね。

獲得ポイントと過去の成績

獲得ポイント

優勝 2000p
準優勝 1200p
ベスト4 720p
ベスト8 360p
ベスト16 180p
3回戦 90p
2回戦 45p
1回戦 10p

錦織選手 過去の成績

2018年 ベスト8 360p
2017年 3回戦 90p
2016年 ベスト16 180p
2015年 2回戦 45p
2014年 ベスト16 180p
2013年 3回戦 90p
2012年 3回戦 90p
2011年 1回戦 10p
2010年 1回戦 0p
2009年 ーーー ーーー

日本人選手 シングルス1回戦予定

西岡 VS ティプサレビッチ 1日 19:00開始予定 コート15
大坂 VS プティンツェワ 1日 23:00以降 センターコート
錦織 VS モンテイロ 2日 19:00開始予定 コート12
杉田 VS ナダル 2日 23:30以降 コート1
内山 VS サンドグレン 2日 21:30以降 コート6

日本人選手ダブルス1回戦予定

マクラクラン/ストルフ VS クボット/メロ 3日 20:15以降 コート7
二宮/ボラコバ VS プイグ/ロジャース 4日 19:00開始 コート7
青山/クルニッチ VS クリスチャン/ジャクポビック 4日 19:00開始 コート4
日比野/加藤 VS 王/ブリンコバ 3日 19:00開始 コート11

ミックスダブルス1回戦予定

ルンガット/青山 VS コルネ/マユ 5日 コート14
加藤/マクラクラン VS シェ/シェ 5日 コート17

↑錦織選手、この車で送迎してもらっているんですね~。

1回戦結果

西岡良仁  2-  J・ティプサレビッチ

1日、男子シングルス1回戦が行われ、4-6、7-6、2-6、7-5、2-6のフルセットで惜しくも西岡選手、敗戦してしまいました。ティプサレビッチはウィンブルドンで7年ぶりの白星となりました。

大坂なおみ  0-  Y・プティンツェワ

世界ランク1位奪還が期待されていた大坂選手でしたが、前哨戦でも負けたプティンツェワに7-6、6-2のストレートで敗戦となりました。2試合連続の同じ相手からの敗戦、精神的にもたたきのめされてしまったのでは・・・と心配になります。

今大会、大坂選手だけでなく過去に5度タイトルを獲得しているヴィーナス・ウィリアムス、男子では第7シードのチチパス、第6シードのA・ズべレフらも初戦敗退と波乱が続いています。

錦織圭  -0  チアゴ・モンテイロ

2日、錦織選手の1回戦が行われ、6-4、7-6、6-4のストレートで錦織選手が勝ち、2回戦に進出しました!

前哨戦のノベンティオープンを欠場したため、ぶっつけ本番となったこの大会でしたが、ふたを開けてみれば完勝。格の違いを見せつけました。特に目立ったのがネットプレー。75%の確率で成功させ、安定したプレーを見せました。

さあ、次戦の相手はデニス・イストミンを下して勝ち上がってきたキャメロン・ノーリーです。地元イギリスの選手だけに完全アウェーになる可能性が高いですね。全仏オープンでも地元選手をバッタバッタと倒している錦織選手なので、問題はないでしょう。

https://twitter.com/ATP_Tour/status/1146033987544072193

内山靖崇 1- デニス・サングレン

ウィンブルドン本戦初出場の内山選手が1回戦に臨みました。結果は6-3、2-6、4-6、3-6で逆転負けとなりました。

第1セットをとり『これはいける!』と思ったのですが、これはグランドスラム、そう甘くはなかったですね。それでも初出場はすばらしいです。次の全米オープンも頑張ってもらいたいです。

杉田祐一  0-  ラファ・ナダル

杉田選手の1回戦が行われ、3-6、1-6、3-6のストレートで敗戦となりました。

大会前に結婚を発表していた杉田選手、ナダル相手によく頑張りました。『最高の時間。こんな大きなコートでナダル選手と試合できることは滅多にない。もっともっと試合していたかった。出来る限りコートに残っていたいと思った。』と杉田選手。試合後は観客たちの拍手に送られ、素晴らしい体験だったようです。

これをきっかけに、復活ののろしを上げてもらいたいですね。

マクラクラン/ストルフ  1-  クボット/メロ

3日、男子ダブルス1回戦が行われ、マクラクラン/ストルフ組は第1シードのクボット/メロ組に6-4、3-6、5-7、5-7で敗戦となってしまいました。前哨戦のハレの準決勝でも対戦し敗戦していただけにリベンジしたかったですね。

日比野/加藤  1-  王/ブリンコバ

女子ダブルス1回戦、日比野/加藤組は王/ブリンコバ組に惜しくも敗戦してしまいました。同ペアでのグランドスラム参戦は初でしたが、2時間3分で力尽きました。

青山/クルニッチ  -0 クリスチャン/ジャクポビック

青山/クルニッチ組、2つのタイブレークを制し2回戦進出を決めました!

二宮/ボラコバ -1 プイグ/ロジャース

見事、逆転勝ちです!次戦は中国ペアと対戦です。

ルンガット/青山 -1 コルネ/マユ

ルンガット/青山組、勝ってくれました!日本人選手が減っていく中、貴重な勝利です。次も頑張れ!!

青山選手は女子ダブルスでも2回戦進出中です。

加藤/マクラクラン 0- シェ/シェイ

加藤/マクラクラン組は4-6、4-6のストレートで敗退となりました。

 

2回戦予定

錦織 VS  ノーリー 4日 21:00開始 センターコート
二宮/ボラコバ VS J・サイサイ/T・インイン 5日19:00開始 コート5
青山/クルニッチ VS メルテンス/サバレンカ 5日21:00以降 コート15
ルンガット/青山 VS メクティッチ/ロソルスカ 8日23:00以降 コート15
二宮/モーテニ VS リンドステッド/オスタペンコ 8日21:00以降 コート14

2回戦結果

錦織圭  -0  キャメロン・ノーリー

4日、錦織選手の2回戦が行われ、6-4、6-4、6-0のストレートで快勝し、3回戦進出を決めました!

この日の錦織選手も攻撃的で多彩なショットを次々と繰り出し、相手を翻弄しました。サービスの確率も高く、ファーストサービスのポイント確率は79%と言うことなし!「パーフェクト。反省点がないくらい良かった。」と錦織選手。試合時間も1時間48分と超省エネで終えることができました。

センターコートで地元選手との試合だっただけに完全アウェーではありましたが、錦織選手が良すぎてまったくそんなことは気になりませんでした。

次戦はアレックス・デミノールを破って勝ち上がってきたスティーブ・ジョンソンです。

青山/クルニッチ 1- メルテンス/サバレンカ

青山/クルニッチ組、7-6、5-7、4-6で逆転負けとなってしまいました。試合時間は2時間52分。

二宮/ボラコバ 1- J・サイサイ/T・インイン

7-5、6-4、6-1でこちらも逆転負けとなってしまいました。残念ですね。

ルンガット/青山 0- メクティッチ/ロソルスカ

5-7、4-6のストレートで敗戦となりました。

二宮/モーテニ 0- リンドステッド/オスタペンコ

3-6、1-6のストレートで敗戦となりました。

3回戦予定

錦織 VS ジョンソン 6日 19:00開始 コート3

3回戦結果

錦織圭  -0  スティーブ・ジョンソン

錦織選手、強いです!!! 世界ランク71位のジョンソンに6-4、6-3、6-2のストレートで快勝しました!

この日はいきなり最初のサービスゲームでブレークされ嫌なムードでしたが、錦織選手は落ち着いていました。第4ゲームから一気に連取してこのセットをもぎとります。サービス、リターン共に冴えわたり、第2、第3セットを圧巻のプレーで連取、1時間50分で試合を終わらせました。

また、この日の勝利でマッチ400勝(ツアーレベルの大会で)を達成しました!錦織選手、おめでとうございます!

4回戦予定

錦織 VS ククシュキン 8日 21:55以降 コート2

4回戦結果

錦織圭  -1  ミハエル・ククシュキン

日本時間8日深夜、錦織選手の4回戦が行われ、6-3、3-6、6-3、6-4で勝利し、2年連続のベスト8進出を決めました。これで錦織選手はグランドスラム5大会連続のベスト8進出になります。凄いですね!

第2セットは落としたものの、ストロークでは主導権をにぎり、2時間43分で試合を終わらせました。「思ったよりもタフな相手だった。ウィナーが取りずらかったなか、我慢をしながら勝てたのには満足しています。」と錦織選手。

さあ、いよいよ次はフェデラー戦です。いい状態でのフェデラー戦、本当に楽しみです。

準々決勝予定

錦織 VS フェデラー 10日23:00以降 センターコート

準々決勝結果

錦織圭  1-  ロジャー・フェデラー

聖地ウィンブルドンのセンターコート、準々決勝、相手はロジャー・フェデラー。最高のシチュエーションで迎えた錦織選手でしたが、6-4、1-6、4-6、4-6で敗戦となりました。

この日いきなり第1ゲームでブレークをした錦織選手、良いスタートでした。フェデラーのサーブをバッタバッタとリターンエースで決め、圧倒します。しかし、このままでいるフェデラーではありません。第2セットに入ると、フェデラーのプレーが変わります。(OH MY  GOD!) 信じられないようなプレーの連続に、錦織選手は翻弄されてしまいます。

結果的に逆転負けとなってしまいましたが、この日のフェデラーのプレーは凄かったの一言です。誰が相手でもかなわなかったでしょう。

それにしても、クレーではナダル山、芝ではフェデラー山なんて、、、錦織選手のドロー運には毎回ため息が出てしまいます。(笑) 負けたとはいえ錦織選手の調子はとても良いです。この調子を維持して、次のハードコートシーズンも頑張ってもらいましょう。

*錦織選手の次戦は7/29開幕のシティーオープンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です