2020年から必修科目のプログラミングってなに?

2020年から小学校でも必修となるプログラミング、なぜ小学生でプログラミング?だいたいプログラミングって何?と思っているお母さんお父さんは多いのではないでしょうか?私もその一人です(笑)

そこで少し調べてみました!

 

プログラミングって何?

簡単に言うと、プログラミングとはコンピューターにやってほしいことを指示書の様に書いていくことです。

しかしコンピューターは人間の言葉は理解できません。そこで使われるのがプログラミング言語です。

 

小学生とプログラミング

今や習い事ランキングでもスポーツ系、英会話系を抜いて1位になっているプログラミング(2017年データ)、やはり2020年から小学校でも必修化されるとあって、習わせる親御さんが増えているようです。

そもそもなぜプログラミングが小学校でも必修化になるのでしょうか?

それには様々な時代の流れが関係しているようです。これからは第4次産業革命の時代です。第4次産業革命とは『ビッグデータ、人工知能、ロボットセンサー技術』などを活用する時代のことです。

日本の若者たちにプログラミング的思考を身につけさせ、社会を変え、世界で活躍するチャンスを与えるということなのだそうです。

プログラミング的思考とは、『自分が求めることを実現するために、必要な動作や記号を組み合わせ、どのように改善すればより良いものが出来るかを考える論理的思考』のことなのだそうです。

海外では英国、ハンガリー、ロシアがすでに日本の小学校にあたる段階で、必修化しています。

 

プログラミングで出来ること

プログラミングで出来るのは以下の通りです。

・アプリケーションの作成

・ゲームの開発

・業務の自動化

 

アプリケーションの作成

今や国民の約半数が持っているとされるスマートフォンですが、主に使われることが多いのはTwitterやInstagram、Facebook、LINEあたりではないでしょうか。これらのアプリケーションはみんなプログラミングで作られています。

 

ゲームの開発

ゲームもまたプログラミングで作られています。キャラクターなどの動きを一つ一つ指示してプログラミングしていきます。

 

業務の自動化

様々な業務、単純作業の自動化もプログラミングで作られています。例えばアンケートの結果を自動集計させるものや、売り切れの商品を入り次第自動で購入するなど様々なものがあります。

 

小学校のプログラミング教育

プログラミング教育が導入されるといっても、専門の教科が出来るわけではありません。プログラミング教育の単元についてはどの教科に含ませるのか、どんな内容で実施するのかは各学校の裁量で決められるようです。

総合的な学習の時間

例えば、情報に関する課題を探究する中で、自分の暮らしとプログラミングとの関係を考え、プログラミングを体験しながらそのよさに気付く学びを取り入れていくことなど

理科

例えば、身の回りには、電気の性質や働きを利用した道具があることをとらえる学習を行う際、プログラミングを体験しながら、エネルギーを効果的に利用するために、様々な電気製品にはプログラムが活用され条件に応じて動作していることに気付く学習を取り入れていくこと

算数

「計算する」という過程は、算数・数学の学習においても、日常生活においても、繰り返し行うことが必要となる場面である。繰り返し行うことが必要となる場面というものは、プログラミングで実行する必要性につながりやすいため、“計算することをプログラミングで教えればいいのではないか”と考えられる可能性

音楽

例えば、音楽づくりの活動において、創作用のICTツールを活用しながら、与えられた条件を基に、音の長さや音の高さの組合せなどを試行錯誤し、つくる過程を楽しみながら見通しを持ってまとまりのある音楽をつくることや、音長、音高、強弱、速度などの指示とプログラムの要素の共通性など、音を音楽へと構成することとプログラミング的思考の関係に気付くようにする

図工

子供たちが材料の形や色、質感、性質などの特徴を捉えたり、イメージを持ったりしながら、豊かに発想や構想し造形的に表すことが極めて重要である。例えば、そのような学習過程において表現しているものを動かしてみることにより、新たな発想や構想を生み出したり、異なる視点からよさや美しさを感じ取ったりすることができるよう、プログラミング教育を実施していくこと

特別活動

子供たちが自分の興味・関心に応じて活動を選択し自主的・実践的な活動を行うクラブ活動において、例えば、既存のクラブ活動にプログラミングを体験する学習を取り入れたり、子供の姿や学校・地域の実情等に応じて、プログラミングに関するクラブ活動を運営・実施できるようにしたりしていくこと

小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論のとりまとめ)より引用

さらに詳細はこれから議論されるようです。

 

まとめ

余談ですが、先日小学生の息子がパソコンクラブでおもちゃの車を動かすプログラミングをやったと言って嬉しそうに帰ってきました。とても楽しかったようです。楽しみながらプログラミング教育を受けられるなんて少しうらやましい気がしますね。

プログラミング教育はまだまだ手探り状態ではありますが、プログラミング的思考力がつき社会で活躍する日が楽しみです。

 

知ってると得するネット用語

最近ではどこの家庭でもパソコンを所持し、気軽にインターネットが利用できるようになりました。30年前では考えられなかったですよね。

若者の会話を聞いていると、ネット用語が多数使われていることを発見しました。そこで、世間で多く使われているネット用語を調べてみました!


ググる   

グーグルで検索するの意味。「ちょっとググっといて~」などと使う。

マジレス 

「本気」と言う意味のマジと、「返答」と言う意味のレスが合体した言葉。冗談で言ったことに対して真面目に返事をしてしまうこと。

「なにマジレスしてんだよ~」などと使う。

あくしろよ

早くしろよの省略後。

イキる

意気がるの略語

「意気ってんじゃねーよ」などと使うらしい・・・

うp(うぷ)

動画や画像などを投稿すること。アップ(UP)するをそのままローマ字読みてきにしてるらしい。

うぽつ

アップお疲れ様の意味。「アップおつ~」がどんどん省略化されこうなったらしい・・・

炎上

アップされた内容に対して非難殺到し収拾がつかなくなること。

「YouTuberの〇〇が炎上中・・・」などと使う。

おk

OK!の意味。

乙(おつ)

お疲れさまの意味。

草(くさ)

ウケる~の意味。笑いを示す「W」が草に見えることからこうなった。

小並感(こなみかん)

小学生並の感想であまり大した意見ではないこと。

「○○するとおもうよ(小並感)」などと使うらしい・・・自分の意見の後に「かっこ小並感」とつける。

GG(ジージー)

グッドゲームの略。

ちなみに「GJ」もある。こちらはグッドジョブの略。

じわる

じわじわくるの略語。

「この画像じわる」などと使う。

すこ

「好き」がひねくれてこうなった。

萎える(なえる)

盛り上がってた気持ちが一気に冷めてしまうこと。

ニキ

兄貴(アニキ)を省略した言葉。なぜ1文字だけ省略する???

バズる

投稿した内容が一気に拡散されること。なぜ『バズる』なのか・・・それは考えてはいけないらしい。

8888

拍手の『パチパチパチ』を数字で表したもの。相手を褒める場合などに使う。

微レ存

微粒子レベルで存在しているの略語。わずかながら存在しているの意味。

「まだこういう可能性も微レ存」と言う風に使う。

~民

特定のコミュニティー等の人のこと。

例えば『フォトナ民』、『荒野民』など。

モブ(キャラ)

群衆、群れを指す言葉。


まとめ

私は聞いたことがあるのは数個で、ほとんど知りませんでした。しかし若者たちの間では普通に使われているようです。これからの時代、ネット用語も多少覚えないと時代についていかれなくなるかもしれません。

おばさん、おじさん認定されるまえに、少し勉強してみようかなと思う今日この頃です。

錦織圭・大坂なおみ出場予定!!全米オープン2019 ドロー・試合結果

前哨戦のウエスタン&サザンオープンでは初戦敗退に終わった錦織選手ですが、元気に練習に戻っているようです。ウィンブルドン後からの体調不良は治ったのでしょうか?肘の状態もあり心配は尽きませんが、全米オープンは待ってはくれません。

大坂選手も前哨戦で膝の怪我を理由に棄権しています。出場が不透明となっていますが怪我の状態はどうなのでしょう。。。。

心配だらけの全米オープン、さあ、どうなるやら・・・・

https://twitter.com/keinishikori/status/1164940055112310786

開催地

アメリカ合衆国 ニューヨーク USTAナショナル・テニス・センター

開催期間と時差

期間 → 8月26日~9月8日

時差 → -13時間

ドロー

ドローが発表されました!!

錦織選手は第7シードでの出場となります。

順当にいくと、

1回戦  予選勝者

2回戦  クラン/モンテイロ

3回戦  ガリン/デミノー

4回戦  チョリッチ/ラオニッチ

準々決勝 フェデラー/ゴファン

準決勝  ジョコビッチ/メドベージェフ

決勝   ナダル/ティエム

と、なります。

ウィンブルドンに引き続きフェデラー山ですね。ジョコビッチ山でないだけで、私は一安心です(笑)

大坂選手の初戦の相手は20歳で世界93位のブリンコバに決まりました。勝ち進むと3回戦で15歳のガウフと対戦の可能性があります。こちらも楽しみですね。

獲得ポイントと過去の成績

獲得ポイント

優勝 2000p
準優勝 1200p
ベスト4 720p
ベスト8 360p
ベスト16 180p
3回戦 90p
2回戦 45p
1回戦 10p

錦織選手過去の成績

成績 獲得ポイント
2018年 ベスト4 720p
2017年 ーーーー ーーーー
2016年 ベスト4 720p
2015年 1回戦 10p
2014年 準優勝 1200p
2013年 1回戦 10p
2012年 3回戦 90p
2011年 1回戦 10p
2010年 3回戦 115p
2009年 ーーーー ーーーー
2008年 3回戦 300p
2007年 予選2回戦 0p

1年おきに成績の良い悪いを繰り返している錦織選手、今年はそのジンクスを何としても覆したいところです。


1回戦予定

錦織  VS  トルンゲリッティ 日本時間27日AM0:00開始 グランドスタンド
西岡  VS  ヒロン 日本時間27日AM4:30以降 コート4
土居  VS  キーズ 日本時間27日AM10:00以降 ルイ・アームストロング・スタジアム
大坂  VS  ブリンコバ 日本時間28日AM1:00開始 アーサー・アッシュ・スタジアム

1回戦結果

錦織圭  -0(途中棄権)  トルンゲリッティー

27日早朝、錦織選手の1回戦が行われ、6-1、4-1とリードした時点で相手の棄権により2回戦進出を決めました。

第1セットはいきなりのブレークスタートで流れに乗り、完璧な内容で先取します。第2セットになると相手の動きが悪くなり、メディカルタイムアウトを取ったのちプレーを再開しますが、第6ゲーム途中で棄権を申し入れ50分たらずで試合は終わりました。

「体力的には助かったが、もう少しプレーがしたかった」と錦織選手。

2回戦の相手は地元アメリカのブラッドリー・クランに決まりました。

 

西岡良仁  -1  マルコス・ヒロン

錦織選手と同日に行われた西岡選手の1回戦は、3-6、6-4、6-4、6-4で西岡選手の逆転勝ちとなりました!

前回の対錦織戦の時も思ったのですが、西岡選手、本当に強くなりました。今日もアグレッシブなプレーが光っていました。次戦も期待大ですね。

2回戦の相手はスペインのフェリシアーノ・ロペスに決まりました。

 

土居美咲  0-  マディソン・キーズ

全米の本戦に2年ぶりの出場となった土居選手、キーズ相手に健闘しましたが、5-7、0-6のストレートで敗戦となりました。

大坂なおみ -1  アナ・ブリンコバ

女子シングルス1回戦、第1シードの大坂選手は6-4、6-7、6-2のフルセットで勝利し、2回戦に進出しました。

最初はナーバスだった大坂選手、最終セットでは自信をもってプレー出来たようです。次戦はポーランドのリネッテとの対戦になりました。

2回戦予定

錦織  VS  クラン 29日AM0:00開始 ルイ・アームストロング・スタジアム
大坂  VS  リネッテ 30日 ルイ・アームストロング・スタジアム

*以下の試合は雨天のため順延となりました。

西岡  VS  F・ロペス 30日AM1:15以降 コート4

ダブルス1回戦予定

マクラクラン/バンブリッジ VS クファトコフスキ/ルビン 30日AM5:15以降開始 コート6
日比野/加藤 VS メリチャー/ペシュケ 30日AM4:00以降 コート16
穂積/二宮 VS ペラ/グアラチー 30日AM3:15以降 コート14

シングルス2回戦結果/ダブルス1回戦結果

錦織圭  -1  ブラッドリー・クラン

29日早朝、錦織選手の2回戦が行われ、6-2、4-6、6-3、7-5で勝利し3回戦進出を決めました!

この日、素晴らしい出だしで第1セットを取った錦織選手でしたが、第2セットになるとリードしながら突如ミスを連発し逆転を許します。立て直し第3セットを取り第4セットも5-1とリード。このまま勝つかと思いきやまたもやミスを連発・・・なんと5-5に追いつかれてしまいます。それでも気を引き締めなおした錦織選手は最後にブレークし試合を終わらせました。

何ともアップダウンの多い試合でしたが、随所に錦織選手らしいスーパーショットもあり、まずまずの試合だったのではないかと思います。ただ、サーブの確率が悪いのは気になります。なんとか修正できると良いですね。

次戦は明日行われる世界32位のガリンと同38位のデミノーの勝者との対戦になります。

https://twitter.com/doublefault28/status/1166756584078397443

西岡良仁 1-  フェリシアーノ・ロペス

雨天順延で1日延びた30日、西岡選手の2回戦が行われ、7-6、0-6、4-6、4-6で敗戦となり3回戦進出を逃しました。

「序盤に耐えに耐えて、そのために自分のギアを上げることが出来なかった」と西岡選手。

3回戦の壁を破るのはおあずけとなりました。

マクラクラン/バンブリッジ -1 クファトコフスキ/ルビン

4-6、6-1、7-6で逆転勝ちです!

大坂なおみ -0  マグダ・リネッテ

30日、大坂選手の2回戦が行われ、6-2、6-4のストレートで快勝し、3回戦進出を決めました。試合時間は1時間10分。

ディフェンディングチャンピオンとして臨むこの大会、順調に勝ち進んでいます。3回戦の相手がアメリカの期待の新星ガウフに決まりました。楽しみな1戦となりそうですね。

日比野/加藤 0- メリチャー/ペシュケ

7-6、6-4のストレートで敗戦となりました。

穂積/二宮 1- ペラ/グアラチー

1-6、7-6、2-6のフルセットで惜しくも敗戦となりました。

3回戦予定

錦織  VS  デミノー 31日AM0:00開始 グランドスタンド
大坂  VS  ガウフ 1日AM8:00以降 アーサー・アッシュ・スタジアム

3回戦結果

錦織圭  1-  アレックス・デミノー

30日、錦織選手の3回戦が行われ、2-6、4-6、6-2、3-6で敗戦となりました。試合序盤からミスを連発、ダブルフォルト7回、アンフォーストエラーは60回にも達しました。

とにかくこの大会、サーブが入らなかったのがこの結果につながってしまったと思います。肘が痛み出してからサーブの調子がおかしくなったように感じます。今回はドロー的にもチャンスがあったかと思うのでとても残念ですが、しっかり体のメンテナンスをして次の大会に臨んでほしいです。

大坂なおみ -0 ココ・ガウフ

現女王 VS 期待の新星・・・世界中が注目したこの試合、終わってみれば大坂選手がガウフを圧倒し女王の貫録を見せました。スコアは6-3、6-0。

しかし注目なのは試合後の大坂選手の行動です。号泣するガウフに歩み寄ると「一緒にインタビューを受けましょう」と誘ったのです。「一人でシャワーを浴びて泣くより、みんなと話した方がいい」と。

ガウフもこの誘いにこたえ、「なおみは凄かった。すごくたくさんのことを学んだ。そして、とても優しかった。本当にありがとう。」とコメント。

この試合後の出来事は世界中を感動に包みました。フェデラーも「非常に素敵だった。このライバル関係は非常に特別なものになる。」と感銘を受けたようです。

大坂選手、試合に勝つだけではなく、コート外での行動も目を見張るものがあります。まさに女王になるべくして生まれてきたかのようです。

https://twitter.com/Naomi_Osaka_/status/1168015025262518274

 

ダブルス2回戦予定

マクラクラン/バンブリッジ VS シュクゴール/メクティッチ 1日AM0:00開始 コート6

ダブルス2回戦結果

マクラクラン/バンブリッジ -0 シュクゴール/メクティッチ

マクラクラン/バンブリッジ組がやってくれました!6-3、7-6でストレート勝ちです。錦織選手も西岡選手もいなくなってしまった全米オープン、マクラクラン勉選手に注目です!

4回戦予定

大坂  VS  ベンチッチ 3日AM1:00開始 アーサー・アッシュ・スタジアム

ダブルス準々決勝予定

マクラクラン/バンブリッジ  VS  カバル/ファラ 5日AM5:00以降 ルイ・アームストロング・スタジアム

 

4回戦結果

大坂なおみ  0-  ベリンダ・ベンチッチ

日本時間3日早朝、大坂選手の4回戦が行われ5-7、4-6のストレートで敗戦となりました。ベンチッチには今年3戦全敗となってしまいました。まさに天敵といっても過言ではないですね。

それでも大坂選手には落胆よりも自分が成長したという確信が残ったようで、試合後の記者会見もとてもポジティブでかつユーモアまであった様子。よかったです。

痛めた左ひざを完治して、地元日本での試合に臨んでほしいです。

今回の敗戦により世界ランクは3位以下になる予定です。

 

錦織圭出場予定! ウエスタン&サザンオープン2019 ドロー、試合結果

ロジャーズカップではガスケに惜しくも敗戦、また、肘の具合が心配ではありますが、息つく間もなくウエスタン&サザンオープンです。出られそうなのか出られないのか、ファンは気がきではないですよね。

当の本人はシンシナティ入りして、バンジージャンプをしたようです。これもお仕事なのかもしれません。それにしてもバンジーやるなんて、凄い・・・!!私は絶対に無理です(笑)

開催地

アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ リンドナーファミリーテニスセンター

開催期間と時差

開催期間  8月11日~8月18日

時差    -13時間

ドロー

ドローが発表されました!

錦織選手は第6シードでの出場となります。

順当にいくと、

1回戦  BYE

2回戦  トンプソン OR 予選勝者

3回戦  コリッチ

準々決勝 ナダル

準決勝  ティーム OR A・ズべレフ

決勝   ジョコビッチ OR フェデラー

と、なります。

肘の状態がわからず欠場もあるかと思いますが、ジョコビッチ山でないのは何よりです。また、この大会でマレーがシングルスに復帰予定です。引退も考えていただけに、嬉しいニュースですね。

*西岡選手が予選を突破し、2回戦で錦織選手とあたる可能性が出てきました!どうなるか、目が離せませんね。(8月12日付)

獲得ポイントと過去の成績

獲得ポイント

ウエスタン&サザンオープンはマスターズ1000の大会になるため、獲得ポイントは以下の通りです。

優勝 1000p
準優勝 600p
ベスト4 360p
ベスト8 180p
2回戦 90p
1回戦 10p

錦織選手過去の成績

2018年 2回戦 45p
2017年 ーーー ーーー
2016年 3回戦 90p
2015年 ーーー ーーー
2014年 ーーー ーーー
2013年 1回戦 10p
2012年 3回戦 90p
2011年 1回戦 35p

1回戦予定

西岡 VS トンプソン 14日 AM1:20開始予定 コート11

1回戦結果

西岡  -1  J・トンプソン

勝てば錦織選手と対戦できる・・・・先を見てはいけないと知りつつも意識してしまう。。。。そんな心境の西岡選手でしたが、やってくれました!7-5、5-7、6-4のフルセットで勝利です!

体が硬くなっていたという西岡選手でしたが、見事に勝ちきり錦織選手の待つ2回戦へと駒を進めました。

2回戦予定

錦織  VS  西岡 15日AM0:00開始 グランドスタンド

2回戦結果

錦織圭  0- 西岡良仁

なんと、西岡選手が7-6、4-6で勝利です!

絶好調の西岡選手に対して波に乗れない錦織選手はミスを連発します。途中医師を呼び服薬するシーンも2度見られ、心配なムードに。錦織選手、ずっと辛そうでした。

せっかくの日本人対決なのに、具合の悪いままプレーをしなければならなかった錦織選手はつらかったでしょう。しかし、西岡選手のプレーは素晴らしかったです。自分の持てる力をすべて出して錦織選手に挑んでいました。

こうなったらどんどん快進撃を続けていってもらいたいですね。

*錦織選手、ウィンブルドン後から息苦しさが続いているようです。後日精密検査をする予定とか。何でもないといいのですが・・・・・心配ですね。

3回戦予定

西岡  VS  デミノー 16日0:00開始予定 コート3

3回戦結果

西岡良仁  -0  アレックス・デミノー

西岡選手の快進撃が止まりません!デミノーを7-5、6-4のストレートで破り、マスターズ8強に進出です!

『成長して強くなったのを見られるのはうれしい』と錦織選手は言っていました。トップ選手が次々と早期敗退しているこの大会、チャンスを思う存分楽しんでもらいたいです。

準々決勝予定

西岡  VS  ゴファン 17日AM3:15以降 グランドスタンド

準々決勝結果

食中毒のため西岡選手は棄権となってしまいました(泣)。快進撃がこのような形で終わってしまったのは残念ですが、西岡選手には早く体調を整えて全米オープンに臨んでほしいです。

思わぬ形での勝利でゴファンは初のマスターズ決勝進出となりました。

錦織選手出場予定!ロジャーズカップ2019(モントリオール)ドロー・試合結果

シティーオープンを休養??のため欠場した錦織選手、次の大会はカナダでのロジャーズカップです。体調万全でのプレーを期待したいですね。

開催場所

カナダ・モントリオール IGAスタジアム

開催期間と時差

開催期間 → 8月5日 ~ 8月11日

時差   → -13時間

ドロー

ドローが発表されました!

錦織選手は第5シードでの出場となります。

順当にいくと

1回戦  BYE

2回戦  ペール/ガスケ

3回戦  バウティスタアグート/シュワルツマン

準々決勝 チチパス/ラオニッチ

準決勝  ナダル

決勝   A・ズべレフ/ティーム

と、なります。相変わらずマスターズは厳しいドローですね。しかし、条件はみな同じ。フェデラーとジョコビッチが欠場のため、いくらか良いのかもしれません。(とても楽とは思えませんが・・・(笑))

今回は錦織選手、ディミトロフと組んでダブルスにも出場予定です。こちらも楽しみですね。

獲得ポイントと過去の成績

獲得ポイント

優勝 1000p
準優勝 600p
ベスト4 360p
ベスト8 180p
3回戦 90p
2回戦 10p

錦織選手過去の成績

2018年 1回戦 10p
2017年 2回戦 10p
2016年 準優勝 600p
2015年 ベスト4 360p
2014年 ーー
2013年 3回戦 90p
2012年 2回戦 10p
2011年 ーー

2回戦予定

錦織  VS  ガスケ 8日1:00開始 ナショナルバンクコート

2回戦結果

錦織圭 1- リシャール・ガスケ

日本時間8日早朝、錦織選手の2回戦が行われ、7-6、2-6、6-7で敗戦となりました。

第1セット、降雨による中断でもあり難しい展開でしたが、タイブレークを制し先取します。

第2セットも再び降雨により2時間越えの中断、しかしこの中断を生かすことが出来ずにこのセットを取られてしまいました。

第3セットは錦織選手にもやっと安定感が出てきましたが、ブレークの後にブレークバックを許してしまい、またもやタイブレークに。ガスケがタイブレークを制し錦織選手は敗戦となってしまいました。

約1か月ぶりの公式戦で試合勘が鈍っていたのもあったかと思いますが、心配なのが肘と手首の痛みです。シティーオープンを欠場しても痛みは残っていたようですね。来週からはシンシナティでのマスターズが始まります。無理をせず全米オープンに向けて怪我を治してほしいです。

*ディミトロフと組んでのダブルスは、肘の痛みのため欠場となりました。

錦織圭出場予定! ウィンブルドン(全英オープン)2019 ドロー・試合結果

さあ、いよいよウィンブルドンです!言わずと知れたテニスの聖地!テニスをする人なら誰でも夢見る場所です。

ウィンブルドンは1877年から始まった世界最古の大会で、他のグランドスラムの大会とは違い数々の独自のルールがあります。原則、毎年6月の最終月曜日から始まり2週間の日程で行われます。ウェアーは白に定められていて、下着、靴の裏までも白でなくてはいけません。

センターコートに続き、今年は第1コートにも屋根が取り付けられました。また、最終セットでタイブレークが無いのも特徴でしたが、今年からは12-12になった場合にタイブレークが導入されることになりました。選手の負担が軽減されますね。時間短縮にもつながると思います。

今年はどんなドラマが待っているのでしょう。

開催場所

イギリス・ロンドン オールイングランド ローン アンド クロケットクラブ

開催期間と時差

開催期間  7月1日 ~ 7月14日

時差    -8時間

ドロー

ドローが発表されました!

錦織選手は第8シードでの出場となります。

順当にいくと、

1回戦  チアゴ・モンテイロ

2回戦  デニス・イストミン OR キャメロン・ノーリー

3回戦  アレックス・デミノール

4回戦  ジョン・イズナー

準々決勝 ロジャー・フェデラー

準決勝  ラファ・ナダル OR ドミニク・ティーム

決勝   ノバク・ジョコビッチ OR ケビン・アンダーソン

と、なります。錦織選手、フェデラーの山に入りました。芝の帝王ロジャー・フェデラー、生ける伝説ロジャー・フェデラー、対戦が楽しみです。今度こそ体力温存で頑張ってほしいですね。

獲得ポイントと過去の成績

獲得ポイント

優勝 2000p
準優勝 1200p
ベスト4 720p
ベスト8 360p
ベスト16 180p
3回戦 90p
2回戦 45p
1回戦 10p

錦織選手 過去の成績

2018年 ベスト8 360p
2017年 3回戦 90p
2016年 ベスト16 180p
2015年 2回戦 45p
2014年 ベスト16 180p
2013年 3回戦 90p
2012年 3回戦 90p
2011年 1回戦 10p
2010年 1回戦 0p
2009年 ーーー ーーー

日本人選手 シングルス1回戦予定

西岡 VS ティプサレビッチ 1日 19:00開始予定 コート15
大坂 VS プティンツェワ 1日 23:00以降 センターコート
錦織 VS モンテイロ 2日 19:00開始予定 コート12
杉田 VS ナダル 2日 23:30以降 コート1
内山 VS サンドグレン 2日 21:30以降 コート6

日本人選手ダブルス1回戦予定

マクラクラン/ストルフ VS クボット/メロ 3日 20:15以降 コート7
二宮/ボラコバ VS プイグ/ロジャース 4日 19:00開始 コート7
青山/クルニッチ VS クリスチャン/ジャクポビック 4日 19:00開始 コート4
日比野/加藤 VS 王/ブリンコバ 3日 19:00開始 コート11

ミックスダブルス1回戦予定

ルンガット/青山 VS コルネ/マユ 5日 コート14
加藤/マクラクラン VS シェ/シェ 5日 コート17

↑錦織選手、この車で送迎してもらっているんですね~。

1回戦結果

西岡良仁  2-  J・ティプサレビッチ

1日、男子シングルス1回戦が行われ、4-6、7-6、2-6、7-5、2-6のフルセットで惜しくも西岡選手、敗戦してしまいました。ティプサレビッチはウィンブルドンで7年ぶりの白星となりました。

大坂なおみ  0-  Y・プティンツェワ

世界ランク1位奪還が期待されていた大坂選手でしたが、前哨戦でも負けたプティンツェワに7-6、6-2のストレートで敗戦となりました。2試合連続の同じ相手からの敗戦、精神的にもたたきのめされてしまったのでは・・・と心配になります。

今大会、大坂選手だけでなく過去に5度タイトルを獲得しているヴィーナス・ウィリアムス、男子では第7シードのチチパス、第6シードのA・ズべレフらも初戦敗退と波乱が続いています。

錦織圭  -0  チアゴ・モンテイロ

2日、錦織選手の1回戦が行われ、6-4、7-6、6-4のストレートで錦織選手が勝ち、2回戦に進出しました!

前哨戦のノベンティオープンを欠場したため、ぶっつけ本番となったこの大会でしたが、ふたを開けてみれば完勝。格の違いを見せつけました。特に目立ったのがネットプレー。75%の確率で成功させ、安定したプレーを見せました。

さあ、次戦の相手はデニス・イストミンを下して勝ち上がってきたキャメロン・ノーリーです。地元イギリスの選手だけに完全アウェーになる可能性が高いですね。全仏オープンでも地元選手をバッタバッタと倒している錦織選手なので、問題はないでしょう。

https://twitter.com/ATP_Tour/status/1146033987544072193

内山靖崇 1- デニス・サングレン

ウィンブルドン本戦初出場の内山選手が1回戦に臨みました。結果は6-3、2-6、4-6、3-6で逆転負けとなりました。

第1セットをとり『これはいける!』と思ったのですが、これはグランドスラム、そう甘くはなかったですね。それでも初出場はすばらしいです。次の全米オープンも頑張ってもらいたいです。

杉田祐一  0-  ラファ・ナダル

杉田選手の1回戦が行われ、3-6、1-6、3-6のストレートで敗戦となりました。

大会前に結婚を発表していた杉田選手、ナダル相手によく頑張りました。『最高の時間。こんな大きなコートでナダル選手と試合できることは滅多にない。もっともっと試合していたかった。出来る限りコートに残っていたいと思った。』と杉田選手。試合後は観客たちの拍手に送られ、素晴らしい体験だったようです。

これをきっかけに、復活ののろしを上げてもらいたいですね。

マクラクラン/ストルフ  1-  クボット/メロ

3日、男子ダブルス1回戦が行われ、マクラクラン/ストルフ組は第1シードのクボット/メロ組に6-4、3-6、5-7、5-7で敗戦となってしまいました。前哨戦のハレの準決勝でも対戦し敗戦していただけにリベンジしたかったですね。

日比野/加藤  1-  王/ブリンコバ

女子ダブルス1回戦、日比野/加藤組は王/ブリンコバ組に惜しくも敗戦してしまいました。同ペアでのグランドスラム参戦は初でしたが、2時間3分で力尽きました。

青山/クルニッチ  -0 クリスチャン/ジャクポビック

青山/クルニッチ組、2つのタイブレークを制し2回戦進出を決めました!

二宮/ボラコバ -1 プイグ/ロジャース

見事、逆転勝ちです!次戦は中国ペアと対戦です。

ルンガット/青山 -1 コルネ/マユ

ルンガット/青山組、勝ってくれました!日本人選手が減っていく中、貴重な勝利です。次も頑張れ!!

青山選手は女子ダブルスでも2回戦進出中です。

加藤/マクラクラン 0- シェ/シェイ

加藤/マクラクラン組は4-6、4-6のストレートで敗退となりました。

 

2回戦予定

錦織 VS  ノーリー 4日 21:00開始 センターコート
二宮/ボラコバ VS J・サイサイ/T・インイン 5日19:00開始 コート5
青山/クルニッチ VS メルテンス/サバレンカ 5日21:00以降 コート15
ルンガット/青山 VS メクティッチ/ロソルスカ 8日23:00以降 コート15
二宮/モーテニ VS リンドステッド/オスタペンコ 8日21:00以降 コート14

2回戦結果

錦織圭  -0  キャメロン・ノーリー

4日、錦織選手の2回戦が行われ、6-4、6-4、6-0のストレートで快勝し、3回戦進出を決めました!

この日の錦織選手も攻撃的で多彩なショットを次々と繰り出し、相手を翻弄しました。サービスの確率も高く、ファーストサービスのポイント確率は79%と言うことなし!「パーフェクト。反省点がないくらい良かった。」と錦織選手。試合時間も1時間48分と超省エネで終えることができました。

センターコートで地元選手との試合だっただけに完全アウェーではありましたが、錦織選手が良すぎてまったくそんなことは気になりませんでした。

次戦はアレックス・デミノールを破って勝ち上がってきたスティーブ・ジョンソンです。

青山/クルニッチ 1- メルテンス/サバレンカ

青山/クルニッチ組、7-6、5-7、4-6で逆転負けとなってしまいました。試合時間は2時間52分。

二宮/ボラコバ 1- J・サイサイ/T・インイン

7-5、6-4、6-1でこちらも逆転負けとなってしまいました。残念ですね。

ルンガット/青山 0- メクティッチ/ロソルスカ

5-7、4-6のストレートで敗戦となりました。

二宮/モーテニ 0- リンドステッド/オスタペンコ

3-6、1-6のストレートで敗戦となりました。

3回戦予定

錦織 VS ジョンソン 6日 19:00開始 コート3

3回戦結果

錦織圭  -0  スティーブ・ジョンソン

錦織選手、強いです!!! 世界ランク71位のジョンソンに6-4、6-3、6-2のストレートで快勝しました!

この日はいきなり最初のサービスゲームでブレークされ嫌なムードでしたが、錦織選手は落ち着いていました。第4ゲームから一気に連取してこのセットをもぎとります。サービス、リターン共に冴えわたり、第2、第3セットを圧巻のプレーで連取、1時間50分で試合を終わらせました。

また、この日の勝利でマッチ400勝(ツアーレベルの大会で)を達成しました!錦織選手、おめでとうございます!

4回戦予定

錦織 VS ククシュキン 8日 21:55以降 コート2

4回戦結果

錦織圭  -1  ミハエル・ククシュキン

日本時間8日深夜、錦織選手の4回戦が行われ、6-3、3-6、6-3、6-4で勝利し、2年連続のベスト8進出を決めました。これで錦織選手はグランドスラム5大会連続のベスト8進出になります。凄いですね!

第2セットは落としたものの、ストロークでは主導権をにぎり、2時間43分で試合を終わらせました。「思ったよりもタフな相手だった。ウィナーが取りずらかったなか、我慢をしながら勝てたのには満足しています。」と錦織選手。

さあ、いよいよ次はフェデラー戦です。いい状態でのフェデラー戦、本当に楽しみです。

準々決勝予定

錦織 VS フェデラー 10日23:00以降 センターコート

準々決勝結果

錦織圭  1-  ロジャー・フェデラー

聖地ウィンブルドンのセンターコート、準々決勝、相手はロジャー・フェデラー。最高のシチュエーションで迎えた錦織選手でしたが、6-4、1-6、4-6、4-6で敗戦となりました。

この日いきなり第1ゲームでブレークをした錦織選手、良いスタートでした。フェデラーのサーブをバッタバッタとリターンエースで決め、圧倒します。しかし、このままでいるフェデラーではありません。第2セットに入ると、フェデラーのプレーが変わります。(OH MY  GOD!) 信じられないようなプレーの連続に、錦織選手は翻弄されてしまいます。

結果的に逆転負けとなってしまいましたが、この日のフェデラーのプレーは凄かったの一言です。誰が相手でもかなわなかったでしょう。

それにしても、クレーではナダル山、芝ではフェデラー山なんて、、、錦織選手のドロー運には毎回ため息が出てしまいます。(笑) 負けたとはいえ錦織選手の調子はとても良いです。この調子を維持して、次のハードコートシーズンも頑張ってもらいましょう。

*錦織選手の次戦は7/29開幕のシティーオープンです。

錦織選手、エキシビション大会出場決定!! ~アスポール・テニス・クラシック~

錦織選手の体と心は癒えたでしょうか。。。。。と思っていたら、エキシビション大会出場のお知らせです!

昨年に続き、アスポール・テニス・クラシックに出場です!昨年はケビン・アンダーソンと対戦しストレートで勝利、ウィンブルドンに向け弾みを付けました。今年はどうなることでしょう。

今年の対戦相手は、ニック・キリオスの予定です。何かと世間を騒がせているキリオスですが、テニスの才能は本物、良い試合を期待したいですね。

※錦織選手の対戦相手がルカ・プイユ選手に変更になりました。

開催期間

6月25日~6月28日

開催場所と時差

開催場所→ イギリス・ロンドン ザ・ハーリンガムクラブ

時差  → -8時間

試合予定

25日 フェリックス・オジェ・アリアシム VS ケビン・アンダーソン
25日 レジェンドダブルス
26日 マリア・シャラポワ VS TBC
26日 ラファエル・ナダル VS マリン・チリッチ
26日 ルカ・プイユ VS 錦織圭
26日 レジェンドダブルス
27日 フェリックス・オジェ・アリアシム VS TBC
27日 マルコス・バグダディス VS ケビン・アンダーソン
27日 レジェンドダブルス
28日 ラファ・ナダル VS ルカ・プイユ
28日 ドミニク・ティーム VS ニック・キリオス
28日 レジェンドダブルス

*錦織選手は26日のセンターコート第2試合に登場予定です。

錦織選手、試合結果!!

錦織圭  -0  ルカ・プイユ

緑映える芝生のなか、エキシビション大会が行われ、7-5、7-6のストレートで錦織選手が勝利しました!

今年初の芝での試合、幸先よく勝利で飾ることが出来ました。エキシビションということもあり錦織選手、第1セットのセットポイントでアンダーサーブやっていましたね(笑) 観客にウケていたかどうかは分かりませんが・・・

何はともあれ芝シーズン良い滑り出しです。来週から始まるウィンブルドンに期待しましょう。

 

錦織選手出場予定!ノベンティ・オープン2019(ゲリーウェバーオープン)ドロー・試合結果

さあ、タフなクレーシーズンが終わり、短い芝のシーズンが始まります。今回は錦織選手、マクラクラン勉選手とダブルスにもエントリーしています。これまでとは全く違うサーフェスです。錦織選手には怪我に気を付けて、頑張ってもらいたいですね。

2019年度からこの大会は『ゲリーウェバーオープン』から『ノベンティオープン』に名称が変わりました。

開催場所

ドイツ・ハレ  ゲリーウェバースタディオン

開催期間と時差

開催期間 →6月17日~6月23日

時差   → -7時間

ドロー

ドローが発表されました!

獲得ポイントと過去の成績

ノベンティオープンはATP500の大会になるため、獲得ポイントは以下のようになります。

獲得ポイント

優勝 500p
準優勝 300p
ベスト4 180p
ベスト8 90p
2回戦 45p
1回戦 0p

 

錦織選手過去の成績

年度 成績 ポイント
2018年度 2回戦 45p
2017年度 2回戦 45p
2016年度 2回戦 45p
2015年度 ベスト4 180p
2014年度 ベスト4 90p(ATP250)
2013年度 2回戦 0p(ATP250)

※錦織選手は上腕部負傷と休養のため、欠場となりました。ウィンブルドンで元気な姿を見せてほしいですね。

錦織圭出場予定!! 全仏オープン2019ドロー・試合結果

開催場所

フランス・パリ スタッド・ローラン・ギャロス

開催期間と時差

期間 → 2019年5月26日~6月9日

時差 → -7時間

ドロー

ドローが発表されました!

錦織選手は第7シードでの出場となります。

順当にいくと、

1回戦  アリス

2回戦  ツォンガ OR ゴヨブチック

3回戦  ジェレ

4回戦  メドベージェフ

準々決勝 ナダル

準決勝  フェデラー

決勝   ジョコビッチ

と、なります。錦織選手、ナダル山になりました。悪くはないドローですが、ナダル山・・・・前哨戦のイタリア国際で今季初のクレーでの優勝をおさめたナダル、勢いをそのままにローランギャロスに乗り込んできました。まずは省エネプレーで準々決勝まで進み、思いっきりナダルと対戦出来たらいいですね。

獲得ポイントと過去の成績

獲得ポイント

優勝 2000p
準優勝 1200p
ベスト4 720p
ベスト8 360p
4回戦 180p
3回戦 90p
2回戦 45p
1回戦 10p

過去の成績

年度 成績 ポイント 年度 成績 ポイント
2018年 4回戦 180p 2012年
2017年 ベスト8 360p 2011年 2回戦 45p
2016年 4回戦 180p 2010年 2回戦 45p
2015年 ベスト8 360p 2009年
2014年 1回戦 10p 2008年 予選2回戦 0p
2013年 4回戦 180p 2007年

1回戦予定

錦織 VS アリス 26日20:00開始予定 スザンヌ・ランラン

1回戦結果

錦織圭 -0 クエンティン・アリス

日本では季節外れの猛暑が続き、また、トランプ大統領が来日し警備が強化されている今日この頃ですが、フランスのローランギャロスでは錦織選手の1回戦が行われました。6-2、6-3、6-4のストレートで勝利です!

第1、第2セットを自身でも完璧というプレーで先取、第3セットは多少苦戦しましたが、ブレークされてもすぐにブレークバック、勝負強さを発揮、みごとストレート勝利を収めました。

まずは初戦は省エネプレーで乗り切ることが出来ました。この調子で頑張ってもらいたいですね。

次戦は27日に行われるツォンガとゴヨブチックの勝者です。


ところで、今回錦織選手のウエアーが話題になっています。「今大会で最高のウエアー!」「初夏らしい!」「んー・・・」と賛否両論ではありますが、みなさんはどう思いますか?

https://twitter.com/rolandgarros/status/1132646279362895872

2回戦予定

錦織 VS ツォンガ 29日 19:15以降開始 フィリップシャトリエ

2回戦結果

錦織圭  -1  ジョーウィルフリード・ツォンガ

29日、センターコートのフィリップシャトリエで錦織選手の2回戦が行われ、4-6、6-4、6-4、6-4で錦織選手が勝利しました!

第1セットはツォンガのパワーある高速サーブに苦しみましたが、第2セット以降はレベルの高いストローク戦が続き、見事に逆転勝利を収めました。サーブも調子が良く、試合を通してのファーストサーブの成功率は69%、6度のブレークに成功しました。

ツォンガ相手にドキドキでしたが、錦織選手、やってくれましたね。3回戦は31シードのジェレです。初対戦となります。しっかり疲れを取って、頑張ってもらいたいです。

3回戦予定

錦織 VS ジェレ 31日 19時20分以降 コート1

3回戦結果

錦織圭  -2  ラスロ・ジェレ

31日、錦織選手の3回戦が行われ、6-4、6-7、6-3、4-6、8-6のフルセットで勝ちましたー!!

第1セットを取りすんなり第2セットも、、、と思いきやタイブレークを取られてしまいます。第3セットを取り何とか4セットで終われれば、と思ったのですが試合はなんと第5セットに。いきなりブレークされ第3ゲームもブレーク、2ブレイクダウンとなったときには、さすがに敗戦色が濃くなります。が、そこからが錦織選手の真骨頂、追い込まれて更に集中力を上げ、気が付けば大逆転劇となっていました。

どちらに転がるか分からない展開に観客も息をのみ見守りました。特に第5セットは2ブレイクダウンからの逆転で拍手喝采、スタンディングオベーションの嵐でした。二人とも本当に良いプレーをしていました。

全仏オープンは独自のルールで、第5セットはタイブレークを行わず、2ゲームの差がつくまで試合が続きます。8-6で終わって良かったとつくづく思います(笑)

4時間26分の死闘、錦織選手の体が心配ではありますが、グランドスラムはまだ続きます。リカバリーに全力をそそぎ、しっかり休養してほしいですね。

4回戦予定

錦織 VS ペール 2日 スザンヌ・ランラン

4回戦結果

錦織圭  -2  ブノア・ペール

6月2日、錦織選手の4回戦が行われました。前の試合のワウリンカ対チチパスが5時間を超える大接戦で、錦織選手の試合開始時間が大幅に遅れ、始まったのは日本時間の3日早朝(3;00頃)でした。

第1セットは錦織選手が難なく取りましたが、第2セットはタイブレークにまでもつれます。タイブレーク王子とも言われている錦織選手、きっと取ってくれるだろうと思ったのは私だけではないはず。ところが、ミスもあり落としてしまいます。第3セットは錦織選手が盛り返し取りましたが、ここで日没サスペンデッド、勝負は翌日に持ち越されます。

日付が変わった翌日は、小雨が降ったりやんだりの晴天だった昨日とはまったく違う天候。昨日にもまして調子が上がっているペールに錦織選手は苦しみます。そして第4セットもタイブレークに。今度こそ、、、と誰もが思っていたはず、、、しかしペールの神がかったショットが連発しまたもやタイブレークを取られてしまいます。

そして迎えた運命の第5セット、先にブレークを許す苦しい展開でしたが、驚異の粘りと集中力でまたもやの大逆転、2日がかりの試合を勝利で終わらせました。スコアは6-2、6-7、6-2、6-7、7-5、試合時間は3時間55分。

第5セットはもう二人とも足が動かず精神力だけで動いている感じでした。それにしてもペールの守備力は脅威でした。完全に決まったと思ったショットがことごとく帰ってくるのですから。ペールも錦織選手も天才と言われているだけに、極限に達すると何が起こるか分かりません。やる方は大変でしょうが、見ている方にはとても面白い試合だったように思います。まあ、精神的には疲れましたが(笑)

さあ、そして次は赤土の帝王ナダル戦です。またもやくたボロの状態での対BIG4・・・・。やはりグランドスラムはいかに少ないセット数で勝ち残るかが鍵ですよね・・・それでも可能性が0なわけではありません。フィジカル的にかなりきついかとは思いますが、全仏オープンでナダルと準々決勝を戦えるだけでもとてもすごいこと、錦織選手にはこの状況を楽しんでもらいたいです。

準々決勝予定

錦織 VS ナダル 4日22:15以降 フィリップシャトリエ

準々決勝結果

錦織圭  0-  ラファエル・ナダル

4日、錦織選手の準々決勝が行われ、1-6、1-6、3-6のストレートで敗退しました。この日のナダルも絶好調、スタミナのタンクが15~20%しかない錦織選に容赦なく襲いかかります。序盤から錦織選手を圧倒し、迎えた第3セット、途中で降雨中断となります。錦織選手にとってはコーチ陣と話が出来る恵みの時間となったことでしょう。自分のやるべきことを思い出せたようです。結果は3-6と第3セットも取られ試合は終了となりました。試合後の錦織選手、「もう少しやりたかった」と言っていました。第1第2セットはナダルの気迫とプレーにのみ込まれ、どうしたらいいか分からなくなっていたのかもしれません。相手はクレーの王者ナダル、全仏での成績は90勝2敗と驚異の成績を残しています。

しかし、今日のナダルは珍しくダブルフォルトが多く隙がなかったわけでもなかったように感じます。体力さえ万端ならチャンスはあったかもしれません。今後グランドスラムで勝ち抜くには、序盤の体力温存が急務です。

さあ次は芝のシーズンに入ります。錦織選手は6月17日開幕のゲリーウェバーオープンに出場予定です。

 

錦織選手出場予定!! BNLイタリア国際 ドロー・試合結果

マドリードでは悔しい敗戦をした錦織選手、ローマの彫刻たちは錦織選手に味方してくれるでしょうか。泣いても笑っても全仏オープン前最後の大会、やるっきゃない!!

開催地

イタリア・ローマ フォロ・イタリコ

開催期間と時差

期間→ 5月12日~5月19日

時差→ -7時間

ドロー

ドローが発表されました!

錦織選手は第6シードでの出場となります。

順当にいくと、

1回戦  BYE

2回戦  ペラ OR 予選勝者

3回戦  チリッチ

準々決勝 A・ズべレフ OR モンフィス

準決勝  ジョコビッチ OR デルポトロ

決勝   ナダル OR フェデラー

と、なります。毎回思いますが、マスターズは本当にタフですね。3回戦で必ずと言っていいほど強敵とあたります。マドリードでは食中毒で準々決勝を無念の棄権となったチリッチ、調子はどうでしょうか。心配ですね。調子さえ戻っていればかなりの強敵です。

そして決勝までナダルと当たらない山。悪くはない、悪くはないドロー・・・・・でもやっぱりタフ・・・・

獲得ポイントと過去の成績

獲得ポイント
優勝 1000
準優勝 600
ベスト4 360
ベスト8 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10

錦織選手過去の成績

年度 成績 ポイント
2018年 ベスト8 180
2017年 ベスト16 90
2016年 ベスト4 360
2015年 ベスト8 180
2014年 —–
2013年 2回戦 45
2012年 —–
2011年 予選2回戦

2回戦予定

錦織 VS フリッツ 16日18:30開始 コート4

2回戦結果

錦織圭  -0  テイラー・フリッツ

16日、錦織選手の2回戦が行われ、6-2、6-4のストレートで勝利しました。前日の雨ですべての試合が延期となり、今日勝てばダブルヘッダーとなる選手がほとんどのため、省エネで勝てたのは大きいです。

勝利の余韻に浸る間もなく次の試合です。錦織選手、頑張れ!

3回戦予定

錦織 VS ストルフ 16日24:30頃 コート1

3回戦結果

錦織圭 -1 ヤンレナード・ストルフ

本日2度目の試合、錦織選手にとっては13年のシティーオープン以来のダブルヘッダーでした。3-6、7-6、6-3で逆転勝利です!

第1セットはストルフの強烈なサーブに苦しみましたが、第2セットのタイブレークを奪うと、第3セットは錦織選手のペース。見事に逆転勝ちとなりました。

この日はトップ選手がのきなみダブルヘッダーをこなしています。連戦が続きますが頑張ってもらいたいです。

準々決勝予定

錦織 VS シュワルツマン 17日20:30以降 グランドスタンド

準々決勝結果

錦織圭 0- ディエゴ・シュワルツマン

17日、錦織選手の準々決勝が行われ4-6、2-6のストレートで敗戦となりました。

この日の錦織選手はミスが多く波に乗れず、傾きかけた流れを自らのミスで手放す状態が続きます。かなりのストレスだったでしょう。そして、シュワルツマンの神がかったプレーにおされ対シュワルツマン戦初の敗戦です。

27時間で3戦、かなりきついスケジュールではありましたが、条件はみんな同じです。しっかり修正と回復をして、全仏オープンに臨んでほしいです。